イッコぶろぐは英会話、子育て、起業、ダイエット、ホーチミン情報をお届けします。

ikkoblog

英語

子供を英語好きに育てるには?英語好きになった11の方法とは?

更新日:

stady-english

「どうやったらうちの子が英語が好きになるかな?」

考える女の子

 

「英語が話せないママにも英語環境を子供にあたえたいな」

「周りに外国人がいない」

 

「確実な方法がないかな?」

「お金は出来るだけかけたくないな」

1子供が英語を好きになる方法とは

実際に私は子供を3人育てていて現在、小学5年生。英語が話せないママの元に育ちましたが英語好きに育ってくれました。

経験

・出産後当日から毎日30分以上英語の曲を聴かせる。

・本を買って簡単な英語で声かけをする。

・英語のDVDを毎日見させる。

・2歳から英会話が学べるプレスクールに通わせる。

・年少からは母語の日本語の発達の為に言葉や知識を学べるお勉強系の幼稚園に通う。

・幼稚園での英会話+習い事として幼稚園が提供している英会話教室に通う。

・英語の本をたくさん購入し英語に触れる機会を増やす。

・幼稚園の夏休みは以前に通っていたプレスクールのサマースクールに毎年通わせる。

・小学校からはDMM英会話(オンライン)で毎日フィリピン講師と25分英会話をする。

・週末は、YTJ(英語でミュージカル)でダンスや英語、歌などを学ぶ。

・小3からは海外の日本人学校で英会話クラスが週に3回程、オンラインにてDMM英会話を継続。

 

現在、映画を英語で見たり、英会話授業でも楽しく英語を学んでいます。

現在の環境はベトナムのホーチミンに在住。2年とすこしになります。

日本にいる頃よりは英語を学ぶことが出来るので子供にとっては身近に英語を感じることができ今の環境に感謝しています。

・出産後当日から毎日30分以上英語の曲を聴かせる。

 

これは、ドーマン博士の著書を読み感銘を受け、実際に行動する事にしました。「子どもの知能は限りなく」や英語で子育てなどの様々な本を育児書を含めると優に100冊は超えているかと思います。

実際に行動した結果、私は英語が苦手でしたのでリラックスは出来ずに頭が痛くなりました。ですが、子供は楽しい曲をかけているので楽しんで聞いてくれていたように思いますし、赤ちゃんにとっては良い刺激になったのではと思います。

すでに成長しているお子さんがいるママもいつからでも遅くないので英語を少しでも身近に取り入れてみることをおすすめします。

それは、現在、私自身の学びの為に英会話学習をしておりますが、音から英語を学ぶことを90日間行いその結果、英語が耳から入るようになり、英語の発音もかなり上達しました。

これは、英語の得意な娘がびっくりしています。こちらの件はまた別の機会に報告させて戴きます。

・本を買って簡単な英語で声かけをする。


子供はママが大好きです。

ママが英語でお話をしていたら子供も興味を示します。

ただ、この頃の私の発音やイントネーションはかなりひどい物でした。ですのでできる限りDVDやCD付きの物を選び、私が話す割合を少なくして、メインでは話さず、CDやDVDの力をかなりかりました。

少し、大きくなってプレスクールに通っている頃はママの英語は変だからと言うようになり、ここからは私の英語は封印されたのでした。

・英語のDVDを毎日見させる。


私が娘を育てた10年前とはかなり環境が変わりました。高い高い教材を買わなくてもyoutubeが登場して、無料で英語を学習できるようになりました。

ですので、この部分はyoutubeで代用して戴いたらいいと思います。もしくは、たくさんのディズニーの映画のDVDを英語だけで繰り返し子供に見て貰う事もとても効果的です。

・2歳から英会話が学べるプレスクールに通わせる。

この当時は神戸に住んでいて英語で学べるプレスクールがたくさんありました。我が家は普通のサラリーマン家庭ですのでこの時の選択はとても勇気のいるものでした。

この時の私のスクール選びは実際に多国籍のお友達が通っているスクールであることを一番重視しました。初めて、容姿が異なるお友達の中にママのいない環境に慣れるかなとの心配もありましたが楽しく通ってくれました。

今となっては子供が英語で苦労することがなく現在楽しく学んでいますのでこの時の選択はとても良かったと思っています。

日本で言葉だけではなく行事や文化等も学べる学環境を与えて戴いたスクールに本当に感謝しています。

・年少からは母語の日本語の発達の為に言葉や知識を学べるお勉強系の幼稚園に通う。

幼稚園からは日本の幼稚園を選択した理由は、プレスクールの先生からのアドバイスにありました。「英語は世界中の人が話せる言語だよ。なぜ、あなたは日本語をもっと子供に学ばせないの?」でした。

そして、この頃読んだ本の中に第二外国語は母語以上に上達しないと言うことでした。

そして、そのままインターナショナルスクールに通わせる事は日本国内においてかなり費用がかかる選択です。

実際に2番目の子供も生まれておりましたからどの子も平等に子育てをしようと思って行動していましたので幼稚園の選びはこの時、日本語をしっかりと学ぶことが出来る幼稚園に大きく方向転換したのでした。

そして、英語を習い事として学ばせることに変更しました。

この時にお世話になったのは朝、登園とともに園庭を走り、その後教室に戻って、絶対音感をつけるための授業、算数、書き方、そろばん、英会話・・・まだまだたくさん学びを提供をしてくれていた幼稚園でした。

休み時間がほとんど無く、短い時間に、子供の集中力がない時間を計算して次々といろんな学びを提供してくれていました。

また、お勉強だけではなく身体を動かすことにも力を注いでくれていました。

子供の目がキラキラ輝いている事を確認しながらいろんな事を子供に取り入れていましたので、今回も子供はたくさん楽しく学んでくれました。

 

・幼稚園での英会話+習い事として幼稚園が提供している英会話教室に通う。

GrapeSEEDという教材を使った英語の学びを幼稚園が取り入れたのでそれと同時に申し込みました。

身体を使って実際に英語を体感していくといった教材で、子供は遊びながら英語を楽しく学びました。

また、読書をする宿題もあり、自分で本を読んで覚える作業をこの時からスタートしました。

英語の習得は文字を学ぶことで定着するといった内容の本を読んだことがありましたのでいいタイミングでこの教材に出会えたことにとてもラッキーだったなと思います。

・英語の本をたくさん購入し英語に触れる機会を増やす。

GrapeSEEDの出会いからたくさんの他の本にも興味を持ってもらえるように寝室に英語の絵本を増やしました。

まだまだ難しい単語がありましたが子供なりの楽しみ方で英語の絵本を身近に楽しんでくれました。

・幼稚園の夏休みは以前に通っていたプレスクールのサマースクールに毎年通わせる。

普段の生活は日本語がほとんどです。日本の幼稚園に行くようになってからはプレスクール時代に綺麗な英語の発音をしていた子供達も日本語英語に変わっていきました。

周りの幼稚園の子供達と発する言葉を子供なりに同じにしていったのだと思います。

その為、英語のシャワーを受けさせたいと思い、以前に通っていたプレスクールのサマースクールに毎年通いました。先生達や以前のクラスメート達との交流も出来ましたので子供達にとってとても楽しい経験なりました。

また、英語力や学びのアドバイスをこの時先生方からしてもらい、英語を学ぶことをよりいっそう続けるモチベーションアップにもつながりました。

・小学校からはDMM英会話(オンライン)で毎日フィリピン講師と25分英会話をする。

地元の公立の小学校に通うようになり幼稚園時代に学んでいたGrapeSEEDの教室へ通うことも難しくなり家で思い切ってオンライン英会話を学ぶこととなりました。

365日毎日24時間の中から毎日25分学ぶことが出来るとのことでその頃は一月5,000円弱で毎月学ぶことが出来る事。

子供達の英語力もかなり上がってきて近くのスクールでは物足りなさを感じたこと、また、3人目が生まれたことも大きなきっかけとなりました。

送り迎えの必要も無く、誰かが体調不良でも自宅でパソコン一つで学べる事は我が家にとって嬉しいシステムでした。

子供も、プレスクール時代にフィリピンの先生に親しみを感じていましたので楽しくスタートしてくれました。

・週末は、YTJ(英語でミュージカル)でダンスや英語、歌などを学ぶ。

YTJ(ユースシアターJAPAN)実際には子供が年中の時から小2までお世話になりました。

小2までとなったのは海外への引っ越しが決まったためです。

子供達はとても夢中になり、目をキラキラさせながら舞台に上がることを目指して楽しく通いました。

この時礼儀作法なども教えて戴きました。

そして、英語のカリキュラムもあり、バレエ、ダンス、歌などたくさんの事を学ばせて戴きました。今でも通いたいと言っているくらい夢中になった学びでした。

・小3からは海外の日本人学校で英会話クラスが週に3回程、オンラインにてDMM英会話を継続。

慣れないベトナムのホーチミンでの生活がスタートしました。右も左も分からない中、パソコン一つで学べることが出来るのでホーチミンでもDMM英会話のオンライン英会話を継続しています。

英検にも対応してくれているので2時の面接の際は必ずDMM英会話の教材の中の英検を選択し、学ばさせて戴いています。

現在、他の習い事が増えて毎日までも学べなくなりましたが継続して学んでいます。

まとめ

現在、上の子は5年生になりました。特に文法等は学んでいないのですが、現在英検準2級合格を目指して学んでいます。

学びと言うよりも子供達は英語を楽しんできたようにおもいます。現在、日本語の本はベトナムでは高いので英語で書かれた本などを時々購入して読んだりしています。

また、習い事等もベトナム人に英語で教えて貰ったり子供達は言葉においてはベトナムの環境にすぐに溶け込んでくれました。少しでも皆さんの役に立てれば幸いです。

 

 

-英語

Copyright© ikkoblog , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.